ラキソベロンの効果って?効かない場合の対処法!

ラキソベロンの効果って?効かない場合の対処法!

ラキソベロンは病院で診察してもらったことのある方なら良くなじみのある便秘薬ではないでしょうか?

 

妊婦さんや赤ちゃんでも使えるので安心なのかな?って思われる方もいると思います。

 

しかし、ラキソベロンも下剤(便秘薬)であることをお忘れなく!ここではその効果と効かない時の対処法をご紹介します。

 

 

 

ラキソベロンの効果はこういうこと!

 

 

ラキソベロンの効果は市販の便秘薬と変わりはありません。大腸を刺激して腸のぜん動運動を促して直腸あたりの便を無理やり排便させる下剤です。でも、ほかの下剤(便秘薬)と違うのは妊婦さんや赤ちゃんでも飲むことができるという点です。一体なぜ?なのでしょうか。

 

ラキソベロンは、胃や小腸では吸収されず大腸に届いてから作用するので比較的安全な便秘薬・下剤なんです。特に妊娠中は胃や小腸で吸収されたものは血液に入って赤ちゃんの体にも入っていきますので、市販の便秘薬は危険なんですね。また、流産を防いでくれているホルモンを抑制してしまうので流産の危険性も多少出てきます。だからラキソベロンは妊婦さんや赤ちゃんの便秘薬として処方されています。

 

 

ラキソベロンが効かない場合の対処法

 

下剤や便秘薬がそうであるように、ラキソベロンも使っているうちに効かなくなってきます。また、ひどい便秘の方は最初から効かないという人もいるでしょう。

 

対処法としては、より強い刺激のある便秘薬にするか飲む量を増やすか?になってきます。しかし、これはオススメできません。なぜならその時は効いてもまた効かなくなってくるからです。妊婦さんや赤ちゃんは危険なので勝手に市販の便秘薬を飲むことはないようにお願いします。もちろん授乳中の方もですよ!

 

 

やはり、根本的に便秘を改善するのが一番の対処法ではないでしょうか?

 

応急処置的に便秘薬や下剤に頼ることがあってもいいと思いますが、自然にスッキリできる体になってしまえば便秘薬で悩むことはありません(*^_^*)まあそれができれば下剤なんて使っていない!そんな声が聞こえてきそうですね(^_^;)

 

いきなり自分だけのチカラでスッキリするのは難しいですし、自然に出る体を作るのも難しいです。だから健康食品に最初は頼って自然にスッキリできる訓練をしていかなければなりません。私も下剤をやめていろんな健康食品を試した結果オリゴ糖を飲んでいますが、効果はあるし自然にスッキリできるわで悪いところが見当たりません♪

 

よかったランキングでご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

↓↓

 

便秘解消するための健康食品ランキングはこちら>>>