下剤で腹痛だけ!お腹が痛いのに出ない

下剤で腹痛だけ!お腹が痛いのに出ない場合はどうすれば?

下剤を飲んでこれで「スッキリ出る〜」と安心してはいたものの・・・

 

腹痛がするだけ!お腹が痛いのに出ない!!

 

 

そんな経験ありませんか?

 

これは何が原因かといいますと、便が硬くなって出てこないということが考えられます。

 

 

便が長いあいだ大腸の中にとどまり続けていると、どんどん水分が吸収されて硬くなっていきます。その場合、下剤が大腸を刺激して痛みはするのですが”肝心の便が出ない”ということに陥ります。

 

 

お腹が痛いだけで出ない時の対処法

 

下剤を飲んでもお腹が痛いだけのときの対処法は

 

  • おヘソのまわりをマッサージしてみる
  • 尾てい骨の下あたりの窪みを軽く押して刺激を与える
  • 左手で右足先を触り、次に右手で左足先を触る ということを何度か繰り返して腸をねじる

 

以上のことを試してみてください。

 

 

便秘の方はやはり普段から水分を意識して摂ることは心がけてください。
朝おきたらまずコップ1杯の水を飲んでみてください。

 

朝は胃が空っぽの状態ですので、水を飲むことで胃から腸へ刺激が伝わって、腸のぜん動運動が活発になります。

 

 

 

 

下剤は早い段階で卒業しましょう!

 

便秘になるには必ず原因があります!
生活リズムや食生活を改善していけば、長い目で見て改善されると思います。

 

また、下剤を飲むことは体への負担も大きいですし腹痛や吐き気といった副作用もありますので、健康食品を活用するのもありですよ(^-^)

 

下剤みたいに飲んですぐ出るってものではないですが、比較的早い段階で副作用もなくスッキリできると思います☆

 

私が実際に試してオススメの健康食品はこちらで確認してください。
↓↓
下剤をやめたい方は特にチェックしておいてください>>>

 

 

1週間以上出ていない・・・何をしても出ない・・・・という場合は医師に診てもらってください。何かしら病気にかかっている可能性もあります。